任意整理は債務整理の中の一つです

任意整理は債務整理の中の一つです

借金問題で悩まれている方は大変多いです。この問題を解決するには、任意整理、個人再生、自己破産があります。このような債務整理のなかで、最もよく利用されるのが任意整理です。任意整理のメリットは、個人再生や自己破産と違い、裁判所を通さなくていいので、提出しなければいけない書類や手続きをする必要がないことです。債権者と返済の金額や返済の方法などを交渉して、現在支払いをしている金額を利息制限法の引き直し計算による方法で減額、将来支払う利息をカットして支払い可能な金額にするのです。そして、この金額を分割払いにする交渉などを行うのです。これには、債権者との合意が必要になります。 手続き中に、利息制限法による計算を行った結果、過払い金が発生する場合がありますので、この場合、過払い金返還請求を行うことができます。ただ、任意整理にはデメリットもあり、今後約5年間借入ができなくなる、ブラックリストになってしまうことや任意整理の手続きに応じない業者が、最近増えていることです。

任意整理のメリットとデメリット

クレジットカード会社や消費者金融などから借金をし、自分の収入から返済が出来ていれば問題ないのですが、その返済のために他の貸金業者から借金をして返す状態が続いていけば実質上、借金はますます雪ダルマ式に増えてきます。その事態の救済方法として債務整理の一つである「任意整理」があります。
これは、貸金業者等と交渉し、返済額や返済方法について無理なく返済できるような条件で合意を得る手続きです。消費者金融等は、高金利の取引とされ、払い過ぎた利息を元本に充当させ、減額された元本を数年間の間で分割払で返済していく事で無理なく返済が可能になります。和解が成立すれば、利息が免除されるので、返済額も大幅に減る可能性もあり、早めに完済できます。今までの返済期間が長ければ長いほど、減額は多いものとされます。
しかしながらこの方法は、自己破産の場合のように裁判所は関与しないため、個人での交渉は、債権者がほぼ認める可能性はないと言われ難しいものとされています。そこで専門の司法書士や弁護士などに依頼することが必要です。但し、個人信用情報に任意整理の記録が5年から7年程度残ると言われ、その間新たな借金が出来ない可能性もありますが、それ以外は私生活にそれほど影響はないものです。
それに自分の収入に対して借金があまりも多額の場合は、自己破産をする方がいい場合もありますので、司法書士や弁護士に相談をし十分検討する事が重要です。

Favorite

名古屋の相続税相談は【相続税名古屋サポートオフィス】
http://souzoku.kmr2.net/
結婚式司会の代行
http://www.angelzip.co.jp/
エクステ 新宿
http://hair-exte.net/
胡蝶蘭の販売専門店
http://kochouran-tg.jp/
東京のハウスクリーニング
http://osouji-suginami.jp/

2014/10/31 更新